飼い主と犬散歩デビューあるある6選

suppetto2018-08-04

1.ご飯は散歩から帰ってきてから
散歩デビューの時は、愛犬は見たこともない世界にワクワクしてはしゃぐ可能性が高いです。ご飯を食べた後にはしゃいだり急な運動をすると、吐いてしまう場合がありますのでなるべくご飯は散歩の後で与えるようにしましょう。

商品おすすめ:

ブランドグッチGucci ペット犬用首輪 リード セット 自動車シート・ベルト ハーネス 首輪 リード3点セットおしゃれ 調節可能 犬 リード 小中型犬にお散歩 お出かけ用 トレーニングに最適

調節可能 犬 リード 小中型犬にお散歩 お出かけ用 トレーニングに最適

2.歩かない
愛犬が怖がりな性格の場合、外の世界には何があって何が起こるのか分からないのでとても怖いものに感じる事でしょう。
そういった場合は無理やり歩かそうとしないで、愛犬に合わせてゆっくり散歩をしたり、時間をかけて少しずつ距離を伸ばして慣らしてあげるのが良いと思います。
大切な事は散歩は楽しい。散歩に行きたい。と感じさせてあげる事です。

3.興味津々で臭いを嗅ぎまわる
好奇心旺盛な性格だと、あちこち臭いを嗅ぎまわって中々散歩がスムーズに出来ないと思います。臭いを嗅ぐことは犬にとって色々な情報を知るためのものだったり、縄張りを確認するために必要な事です。
散歩デビューしたての頃は、特に距離の事は気にしなくて良いので愛犬が満足するまで様子を見てあげると良いかもしれませんね。

4.他の犬との接し方が分からなくて迷惑をかけてしまう
散歩デビューしたばかりの時や愛犬がまだ幼い時は、他の散歩している犬との関わり方が分からなくて、相手に迷惑をかけてしまう事が多いと思います。
色々なものに興味津々になっている状態の時は、飛びかかる様にはしゃいで相手の犬と遊ぼうとします。相手の犬も遊びたがっている時は良いのですが、反応が落ち着いている犬や老犬の場合は様子を見て飼い主が距離を離すことも必要となってきます。

最悪の場合、喧嘩をしたり噛みあったりしてしまう事もありますので気をつけましょう。

商品おすすめ:

人気 シュプリームsupreme 犬用ハーネス リード 2点セット 中型犬 大型犬 おしゃれ ハーネスリードセット 牽引ロープ しつけ用品 丈夫

 中型犬 大型犬 おしゃれ ハーネスリードセット 出かけ ペット用品
飼い主も散歩に慣れていない場合、相手の犬と接する時は最初からある程度の距離感を持って様子を見る方が良いですよ。散歩をする回数が増える事によって、「あの犬とは相性が良いから遊んでも大丈夫」という事が自然に分かってくると思います。

5.ワクチンをちゃんとする
散歩をすると病気になったり感染症にかかってしまうという危険があるかもしれません。他の犬と遊んでいたり散歩コースに草むらがあるとノミを移される可能性だってあります。
犬は散歩の時におしっこやウンチの臭いをよく嗅ぎたがりますよね。臭いを嗅ぐことは犬にとって大事な事でもあるのですが、感染症にかかっている犬の排泄物はとても感染しやすく危険です。
散歩デビューをする前にワクチンやフィラリア予防、ノミ対策等をちゃんと済ませておきましょう。

6.初めは短めの距離と時間
散歩デビューの時は少しの時間と短い距離で充分です。初体験の時は、色々なものに興味をもって必要以上にエネルギーを使ってしまうので疲れやすくなりますよね。
まずは散歩に慣れさす事と、犬が興味を持ったことに対して時間をかけて満足させてあげるようにしましょう。