愛犬の散歩、今のままで大丈夫?犬種や生活環境別に散歩の方法を解説

suppetto2018-08-20

犬と言っても様々な 犬種 がいます。

犬種によって散歩の距離も異なってくるし、散歩に持っていくものも変わります。
また夏場や冬場の散歩も、通年通して同じ時間に行っていませんか?
犬種に合わせた散歩の方法や、四季に合わせた散歩の時間帯を合わせてまとめました。

ブランドペット犬用 自動車シート・ベルト ハーネス 首輪 グッチGucci ペット犬用首輪 リード セット
ブランドグッチGucci ペット犬用 ハーネス 首輪 リード3点セット

ストレスの発散

普段家の中で生活していたり、庭などの犬小屋の周辺の限られた空間で生活している犬にとって、散歩はとても重要な意味を持っています。
狭い空間や限られた空間に居続けるのは、人もそうですが犬にとってもの退屈でありストレスが溜まってしまいます。
これは飼い主さんのことを愛犬がどんなに好きだと思っていても、または飼い主さんがどれだけ愛犬に愛情を注いでいても変わりません。
一つの空間に居続けることは、犬にとっても人にとってもストレスが溜まっていきます。
ストレスが溜まってしまうと、無駄吠えや室内での暴走などにも繋がってきます。
そうならないためにも、ストレス発散のためにできるだけ毎日愛犬を散歩に連れて行ってあげましょう。

外部からの刺激で、愛犬の脳の活性化
犬は人よりも早く年を取ります。
おおよそ7歳から、どんな犬種も老犬です。
老犬の年齢に差し掛かって時間が経ってくれば、犬も認知症になることも!
愛犬の脳を刺激する意味合いも、散歩は込めています。
外部に出ることで、愛犬の生活環境にはない刺激を受けることがとても多く起こるのです。
新しいことや普段見ないものや触れないものに接することは、犬の脳の活性化を促す作用アリ。
できるだけ多くの散歩ルートを確保して、色々な道を一緒に散歩しましょう。

シュプリームファッション通販犬 服 ペアルック 愛犬とお揃いの服
supremeペット服 tシャツ

飼い主と犬の信頼関係を築く

犬にとっての何よりの楽しみは、大好きな飼い主との時間です。
家で撫でられている時間も好きですが、やはり一緒に散歩に行っている時間が犬にとってはなによりのコミュニケーションといえます。
散歩だからと言って好き放題にさせるわけにはいきません。
しっかりとしつけをする必要があります。
そうしなければ、自分の愛犬がほかの方の愛犬を感で傷つけてしまったり、近寄ってきた人に噛みついてしまったするからです。
そうならないようにするためにも、愛犬との散歩はしっかりとしつけする必要があります。
散歩のしつけも、犬と飼い主のコミュニケーションや主従関係作り、そしてストレスの発散に大きく関わってきます。
愛犬との信頼関係を築くためにも、散歩は重要な役割を担っているのです!